扉の向こうは天国か奈落の底か

ただのDD事務所担の日々の記録。未来の自分にむけて。

2018年4月15日から1ヶ月が経ちました

 

私の信じる絶対的な世界が崩れてしまってから1ヶ月

2018年4月15日、午前11時に私の信じていた変わらず続いていくはずの未来は崩れ落ちて無くなってしまいました。

もう一生戻ることのできない世界へ放り出されてしまいました。

 

 

2018年4月15日とはすばるくんが退所会見を開いた日。

あの後2週間ほどは夜な夜な枕を濡らし、なにを見ても、なにを聞いてもエイトのことを思い出し涙が溢れそうになった

寝ても覚めても関ジャニ∞のこと考えてた

 

 

時間というのはやっぱり偉大で。

そんなもう立ち直れないだろうと思ってた状況も、少しずつ冷静に向き合うことができるようになって、KATーTUNの復活魂、Sexy Zoneのツアーに足を運ぶ機会もあったので、ひたすらグループとは、アイドルとは、ジャニーズとは、、と考える日々を送っている。

 

 

考えることが時間を追うごとに変わり続けているので、まだまだ変化したいかと思うが、現段階の記録として書き記しておきたいと思う。

 

 

 

 


内くんの時はまだエイターじゃなかった

JUMPの時は傍観者だった

田口、田中くんの時も隣の庭での出来事だった

NEWSの時は笑って抜けそうなんて冗談を言ってしまったいた言霊だと思った

赤西くんの時は若かったからか、亀梨くんしか見えていなかったからなのか。そのあとすぐにエイトに逃げたからなのか……

 

 


もうこんなこと経験したくないと散々つぶやいていたけど、こんなに向き合ってるのは、真っ向からきたのは初めてなのかもしれない。

 

 

 

永遠なんてないのわかってた

でも、エイトにならその夢を見ても良いのだと思ってた

どんな時でも『関ジャニ∞』で『アイドル』を背負ってくれてる、エイトとエイターを1番愛してくれてるすばるくんだけはないって思ってた

一般的には『すばるくん抜けても驚かない』『昔から抜けそうだった』そう言われてるけど、eighterからしてみたら、今のすばるくんが抜けることなんて1番無いと思ってたとのだから不思議なこと…

 

死ぬわけではないし、すばるくんの歌声がもう聴けなくなるわけではない。ただ、もう少し7人で夢を追っているところを応援したかったし関ジャニ∞での渋谷すばるくんが見たかった。

7人で歳を重ねていくところ見たかった。

 

これからの未来が7人じゃ無いっていうことが耐えられない

バラバラになる運命なんて一生来ないと思ってた

〝退路を絶った男らしい決断をしたすばる〟

そんなこと私には到底思えなくって…

 

私が見てきたものはなに?

 


エイトのために音楽やってきたのよね?

 

 

いつしかその音楽が、エイトのためという感情を越えてしまい…

 


枠に収まらないほどの才能持て余して…

 

どこでも関ジャニ∞っていうアイドルグループをやってますと胸張ってくれてたのは、自分を言い聞かせる為だったのかなと気づきなんともやるせない…

 

そんな感情を持て余し、毎日行き場のない思いでぐるぐると考える毎日…

 


 

彼のために音楽頑張ったのに、

彼に励まされて音楽頑張ってきたのに、

その音楽に彼を持っていかれちゃった……

 

 

 

 

 

 

まだ夢みちゃダメ?

戻ってくるって

中途半端にできないすばるくんが

中途半端な形でグループを休み、

いなくなって中途半端なエイトの時間を作りたくなかった。

だから、抜けるしかなかった


でもね、やっぱり居場所はエイトだから

だから、エイトのために音楽学んで、

エイトの音楽を世界に発信する足がかりを作ってくるの


一旦、世界でジャニーズという看板なしに

好きに学んで、ジャニーズに戻ってきて

世界のジャニーズになるために準備するの

 

 


きっとジャニーズって看板だけで

守られてたこと、優遇されてたことたくさんあるよね

それを取っ払った場所で実力をつけたうえで

エイトに還元してくれる

そんな未来来ない?

 


 

こうほざいてたら、

〝ないよ。〟って妹は言い切った

ジャニーズの才能の枠を超えてしまったんだ

アイドルの域を超えた才能を持て余してしまったから

そこの枠ではやっていけないんだ。

 

でもさ、海外でライブだって、一から米作ることだって、アメリカドラマに出ることも、ハリウッド映画に出ることも、もともと全米デビューしようとしたジャニーズってグループだっていたじゃん。

ジャニーズでできないことってなに?

もともと演歌でデビューしたエイトなんて、常識も枠もへったくれもないじゃん。

 

 

すばるくんの卒業宣言から1週間後、

KATーTUNの復活魂に行ってきた。

カウコンで発表があった時は純粋に楽しみで仕方なかったのに…皮肉なこのタイミングに、私にはKATーTUNの再始動の見つめながら、エイトのことしか考えられなかった

 

このタイミングでKATーTUNのコンサートがあったのはきっとYOU&Jの運命なんだと思う。

KATーTUNに行って、、彼らも同じ想いを乗り越え、今を生きているのに向き合ってきたら、少し気持ちの整理が出来てきた

 

 

21年間。

私の生まれてから生きてきた年数とほぼおんなじ

その年月を離れると決めた覚悟ってことは、

相当だし、もう戻ってこないよ

って妹から諭され

 

あぁ、そうか。

転職した会社に戻ってくることなんてないもんな

なんて妙な納得をしてしまった

 

 

 

最近アーティストととも並べられることが多くなってきて。

アイドルでもアーティストに色眼鏡で見られることなく並べることができる未来がエイトでならくるのかな。なんて思ってきたけど…アイドルはやっぱりアイドルで。アーティストにはなれないのね。

 

 

 

歌手として進みたい女子ドルが卒業するのとおんなじ。

 

これは卒業なんだ。

 

 

 

 


受け止められないけど、理解はできた

 

 


グループ至上主義

ジャニーズ至上主義

担タレとはよく言ったもので、10年ほど大倉担をやってきた私は、グループ至上主義以外何物でもない。

 

 

 

理解はしても、やっぱり受け入れられない。

捨てたすばるくんは、私の中からはさようなら。

どんなに誘われても田口くんのライブに行かないように、

関ジャニ∞渋谷すばるじゃない限り、きっと私はもうすばるくんには会いません

アイドルでない彼のことはもう応援しません。

アイドルの、関ジャニ∞渋谷すばるではもうない。

自らやめたのだから、今後、すばるを見てもアイドルだった頃の面影を探してしまうのはお門違いよね。

 

 

すばるくんへの気持ちが落ち着くと、ふと不安になる6人のこと。

 


絶対に続くと思ってた世界

夢がなくなった世界

なにに夢見ればいい?

ずっと続くこと?

まだ、どうすればいいか分からない。

でも、関ジャニ∞のことが好き。

エイトの武器ってなに?

どうなっていくの?

ぽっかり空いた穴は大きすぎて。

でも、そんなの彼らの方がもっと分かってる

これからのエイトは6人で永遠で守り続けてくれる?

これから、6人はどんな方向向いて夢を見つけていく?

このまま夢が崩れ、他のことをするという選択肢を見つけてしまったがために、バラバラになる未来だけはやめてね…

 

 

今後はね、きっと今までみたいにバランス取れてなくて。音楽のレベルも下がったと言われ。

かっこ悪くても、泥臭くても、足掻いて踏ん張って、ハングリー精神でがむしゃらに前を向く、そんなエイトが見られるのなら。

そんな姿をずっと応援していきたい。

それがエイトだから。エイトのそんな姿に勇気をもらい、幾度の困難を乗り越えていくエイトに希望をもらっているのだから。

 

 

 

 

エイトはいつでも見れるから。

多すぎて追い切れないから。

ずっと7人で笑っててくれてる未来は当たり前のように明日もやってくるから。

 


そうやってたくさんのエイト事を後回しにしてきた。

ただの言い訳でしかないね…

この1件があってから、毎日必死にエイトのリアルタイムをキャッチしようとしている。

 


だって、今回めちゃくちゃ後悔したから。

ヤスくんの言う、もったいないお化けが出ちゃうから。

命懸けでやってくれてる仕事を、こっちも命懸けで受け止めたい

もっとちゃんと〝今〟を向き合いたい

 

 

 

今はただひたすら、当落を待って、彼らに会う権利を得られるように待つしかないかな。

会ったら何か変わるかな。

 

 

 

世界が変わってしまってから1ヶ月後の記録でした